家計のことや将来のマネープランをしたい人が増加中

家計のことや将来のマネープランの計画、住宅ローンなど金に関わる色々なことをファイナンシャルプランナーに相談するという人が昨今増えています。
しかしファイナンシャルプランナーってどんな人なのか?どう相談すればいいんだろうか?相談料っていったいいくらかかるのか?などなど様々な疑問があると思います。
ファイナンシャルプランナーへの相談がどういったものかよく分からないまま相談すると、持っていた相談内容と違った、自分の役に立たなかったというような失敗が飽きてしまいます。ぐらいではここではファイナンシャルプランナーが遠いた人でどんな相談ができるのか、あるいは最近聞く医療相談でどういう風にお金について相談ができるのかといったことをご説明いたします。
これを読めばファイナンシャルプランナーへの相談で失敗しないと思います。

FP とは?マネープランできるの?

人生においてお金は全てではありませんが、お金はいつにおいても必ず関わってきます。
あたしたちが将来こういう風になりたいと描いている未来像を叶えるためにも必要なものはお金です。
こういった資金の計画や金融面においてのアドバイスをしたり実現のための手助けをしてくれる専門家をFP ファイナンシャルプランナーと呼びます。

 

FP の知識や情報業務の内容とマネープラン

FP は様々なお金の知識を持っています。
一例を挙げると、

ライフプランニング資金計画

結婚や出産住宅の購入・進学・退職などなど人生において様々な出来事が待ち受けています。
ですがこれに基づいて中長期的な計画を立てることは鳥で難しいです。そのようなお金に関する計画を社会保障や税金保険と言った観点でプランニングをしてくれます。

リスクの管理

生きていけば大病を患ったり、交通事故にあったり、会社が倒産したり様々なリスクが起こる可能性があります。そのようなリスクをどうやって回避すればいいのかまた管理すればいいのかと言ったこと教えてくれます。

金融資産の運用方法

資金を安全に貯めたり多少のリスクを払っても大きくしたりする運用方法など貯蓄や資金に関する全般的な知識を FPは有しています。

税金

所得税や法人税消費税などなど税金の様々な知識を有しているので節税の方法なども教えてくれます。

不動産

不動産の取引やそれに関わる税金また運用方法などなど様々な不動産に関する知識からアドバイスをもらいます普遍的な知識を教えてもらえることでスムーズな手続きができます。
ファイナンシャルプランナーは個人だけではなく企業などに関わる知識も持ち合わせています。
だから悩み事があったらひとまず相談してみることをお勧めします。

マネープランするためにどこにファイナンシャルプランナーはどこにいるのか?

(1)企業内

銀行や証券会社保険会社代理、不動産会社などなど社員がファイナンシャルプランナーを取得しているケースです。金融に関する知識と人脈によって顧客のライフプランを実現するためにサポートしてくれます。

 

(2)個人事務所

顧客からの依頼に基づき相談やアドバイスを多角的な視点で行なってくれます。
個人が経営しているのでより手厚いサポートを受けることができます。
ただ税理士などに別途話を聞きたい場合が発生した場合、人脈はその個人の力によるところになります。

有料の相談

事務所で相談を専門的に行っている場所は相談料がかかることが普通です。1時間あたりで値段が設定するところや相談内容によって料金が変わってくるところもあります。
相談料は1時間あたり数千円になるところもあれば、1時間で1万円以上するところもありますバイエルン
著名なファイナンシャルプランナーでは1時間に2万円以上かかる場所もあります。
ただ今後の人生設計で自分の収入がどれくらい増えていくのかまたは減っていくのか、手術はどれくらい増えるのかいるのか?将来の準備に向けて何が必要なのか?個人で全て計画することはなかなか出来ません。
そこで専門的な知識を持った人があなたの夢や希望に向けて手厚いサポートしてくれる人がファイナンシャルプランナーです。
さらにお子さんがいる家庭であれば教育資金の準備も必要になってきますし何かあった時のための保険や補償内容もしっかりと考えておく必要があります。さらには夫婦の老後の生活も早めに考えておくといざとなった時にスムーズな運用ができます。
有料相談がハードルが高い人はまずは無料相談から聞いてみることでお金についての不安が少しでも少なくなると思います。

保険料は高いのか?適切なのか?マネープラン

生命保険についてファイナンシャルプランナーに相談する人が増えていますというのも生命保険に支払う保険料は月にいくらくらいが適切なのかということが分からない人が多いからです。
保険料が高いと家計が苦しくなってくるのは当然のことですし、反対に保険料が安過ぎたら保証が不十分になってしまうという不安があります。
結論から言うと生命保険に支払う月の割合はだいたい収入の7から10%が理想です。
このような知識は一般的には知られていませんがファイナンシャルプランナーに相談することではっきりします。だからこそ適切な生命保険に加入できるように無料相談から始めて今後の人生がより良いものになって行くこと強くお勧めします。

 

オススメは『東大式FP』の無料相談!

とはいえどこで相談したらいいか分かりませんよね。
そこで私は【 クロス・デジタル・イノベーション社】が提携している
『東大式FP』を押します!
将来の生活設計や資金計画、保険の加入状況などをヒヤリング。一人ひとりにぴったりのライフプランを無料で面談してくれます。
凄いところは全国各地でセミナーを開催しており、その満足度は95%!なんです。
顧客満足度が高いFPが多いので是非オススメです!
今は無料相談もやっているのでまずは気軽に相談して、
いつまでも『お金についてモヤっとしている気持ち』をすっきりさせましょう!
下記ボタンリンクより申込ができます。(さらに現在はハーゲンダッツギフト券がついてくるキャンペーンを実施中です)

 

新婚旅行への備え

成田離婚という言葉があるくらい、新婚旅行は結婚式直後の大きな試練です。
特に旅慣れた女性と不慣れな男性の場合には注意が必要です。男性は、つい良いところを見せようとして無理をし、結果としてトラブルを招き、女性に失望されかねません。
新婚旅行の目的の一つは二人の思い出作り。トラブルが起きてもそれを二人で乗り越えられれば、良い思い出になりますが、人生の門出にできればトラブルは避けたいもの。
一生に一度の新婚旅行だからと言って、慣れない場所を旅するよりは、二人で落ち着いて思い出を残せる形を考えたほうが無難でしょう。何しろ新婚生活そのものが、冒険旅行のようなものです。難しい旅そのものは、新婚生活に慣れてからお試しいただくのが賢明でしょう。
新婚旅行で無理をしない。

新居への備え

新婚生活は、新しい家に新しい家具をそろえて始めたい。そう思うことは自然なことかもしれません。しかし、結婚当初はこれからの生活がどのようになるのか、まだわかりません。
二人で過ごす時間が長いのか。子供がすぐに生まれるのか。転勤で場所が変わることになるのか。共働きであれば結婚しても生活はそれほど以前と変わらないかもしれません。
新居にはあまり費用をかけずに、現在の状況の延長線上で考えたほうが良いでしょう。状況は人それぞれ異なると思いますが、二人の生活がどのようなものかが見えてくるまでは、生活環境のそれほど変わらない場所で過ごすのが良いでしょう。ある程度二人の生活の形が見えてきた段階で、状況に応じて次のステップを考える、というのが良いでしょう。
新生活当初はとにかく貯蓄に励み、家計のシェイプアップを心がけるべきです。結婚直後はお互いに独身気分が残り、気持ちの切り替えができないと、つい無駄な出費を重ねてしまいます。
実は結婚直後が一番将来に向けて、貯金できるときなのです。子供ができれば、日ごとにお金がかかるようになります。家の購入、子供の進学費用、親の介護費用と、出ていく費用は増えることはあっても減ることはありません。ぜひ結婚を機に独身時代の消費生活を見直して見てください。
浮かれずに貯める。

出産

結婚直後が貯めるチャンス
結婚してしばらくは、二人の生活も独身時代とそう変わりません。夫婦で働く場合には、この時期が一番お金の使える楽しい時期。おいしいものを食べて、素敵な服が着られる時です。でもここで気持ちの切替が必要です。楽しい時を過ごすことも大切ですが、将来への備えを始めるときです。
特に子供が欲しいのなら、この時期がお金を貯める最後のチャンス。出産以降、子供にかかる費用は増えることはあっても減ることはありません。
また、女性は子供を授かると自分で収入を得ることが難しくなります。夫に気を使わずに使えるお金をできるだけ確保する。これも、夫婦円満の秘訣です。家計がお金に困ったとき、さっと引き出せるお財布を一つ作っておけば、いつかきっと役にたつことでしょう。今の楽しみより未来への備えを心がけましょう。
働きながらの子育ては、想像以上に費用がかかります。近くに親が住み、手伝ってもらえる環境であれば、まだ何とかなります。しかし、頼れる人がいなければ、仕事を断念する事にもなりかねません。
保育園の費用、遅くなったときに使うタクシー代、時間がないときの外食費など。結局、専業主婦でいたほうが費用がかからないという理由で、仕事を辞めてしまう人もいるほどです。築いてきたキャリアを大切にしたい女性は、職場近くへの引越しまでも含めた、万全の態勢で出産に臨むべきでしょう。
女子は貯められるだけ貯めておく。
出産を機に変わる夫婦関係
子は鎹と言いますが、二人の間に命が授かると、夫婦の関係は変わり始めます。まず変わるのは女性の意識。結婚までは夫と向き合っていた意識が、急速にお腹の子供に向き始めます。でもそれは男性にとっても大切なこと。いつしか妻と同じ方向を向いて、子供の出現を心待ちに思えるようになります。

出産費用

有名な病院で特別なお産を望むのでなければ、健康保険の出産育児一時金などで、かかる出産費用の、そのほとんどは支払うことができます。
ただ、産む場所によって費用は様々です。よく調べて夫婦の望む方法を選ぶと良いでしょう。出産は病気ではないので、費用は健康保険の対象外です。従って、必ずしも病院で産む必要はありません。
ただ、一般的には出産に伴うアクシデントに備えて多くの人が病院を選ぶようです。また、正常分娩でない場合には、健康保険の対象となります。
出産は、基本的に健康保険の対象外。
夫と妻から父と母へ
女性はお腹の中で命が育つと、必然的に意識が変わります。しかし、男性は産まれてきた赤ちゃんをその腕に抱いてもなかなかその実感がわきません。
妻が先のことを心配し始めても、男性は至って暢気なもの。お金の使い方にも変化はありません。
夫が変わるのは出産後です。妻は子供が生まれた直後から、授乳が始まり、夜中でも構わず起こされ、すぐに母親らしくなります。
しかし、夫は妻の変わりように引きずられながら、ゆっくりと少しずつ子供の存在に意識が向き始めます。
この時期に、夫が育児の楽しさに目覚めれば、過ごす時間に比例して、徐々に父親らしくなっていきます。
妻が先に親となる。

 

 

自分のためからこどものため
少子化を反映して、ここ数年、国の政策も子育てを支援するものが増えています。出産時にかかる費用への支援など、これらの政策の背景には、社会全体で子供を育てよう、という考え方があります。
子育てにお金がかかることは事実ですが、そこから得られる喜びもまた格別なものです。子供は夫婦が望んだからと言って、必ずしも授かるものでもありません。運良く授かったときには、今までと違った世界が見えてくることでしょう。人生が大きく変わるそのライフイベントを迎えるときのためにも、ぜひ今日から積み立てを始めてみてはいかがでしょうか。
背負うものが重ければ重いほど、その喜びも味わい深くなるのではないでしょうか。
子供がいるから頑張れる。
家を買う?借りる?
家を買うとき、借りるとき。それぞれどの様な点に注意すれば良いか考えてみましょう。

更新履歴